代表メッセージ

事故防止のための安全方針

経営の最高責任者である社長は、安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、全社的な安全性向上の取組みを主導し、企業全体に安全認識の浸透を図ることとします。
乗務員はプロドライバーとしての責任と自覚を高め、悪質な違反(酒酔い運転・酒気帯び運転・過労運転・薬物等使用運転・最高速度違反・過積載運行違反)を撲滅します。
管理職は法定速度での無理のない安全な運転と運行計画にゆとりある運転を推進し、法令・規制及び社内外の安全に関する要求事項への速やかな対応、順守の他、安全優先の重要性を安全教育に取組みます。

2022年度方針

行動を考動にすれば好働になる

2022年度のテーマは、「行動を考動にすれば好働になる」としました。常に行う行動を、少し物事を考え行動するだけで良い行動に繋がるという意味です。
何気ない配送、何気ない事務仕事、何気ない配車、毎日行われるルーティン作業。
それを毎日の行動と考え、動くことで様々な良い働きになるだろうという思いを込めています。
物流業界における弊社の存在意義、使命、ミッションという目には見えない私たちの大義は、日々の考え方や行動が礎になっていることを再確認しなければなりません。

今年は寅年です。寅年は成長や始まりの年、環境が変化し新たな種が芽吹く年であると言われているそうです。
皆様にとって新しい芽が成長する、新しい日常が始まる年になればと思います。

重大事故ゼロ、商品事故、
クレーム件数前年比25%減

安全に関する重点施策

本年の上記目標の達成、お客様の大切な荷物を安全確実にお届けする為の、具体的な安全に関する重点施策は、昨年に引き続き以下の通りです。

・全車両にGPSと社内外ドライブレコーダーを取り付け、いち早く情報を取得し、効率の良い運輸を目指します。
・日常点検を徹底し、常に清潔な車両を保ちます。
・運転記録を厳密に精査・把握し、事故やクレームに繋がるような走行を減らすよう徹底します。

グリーン経営認証取得

グリーン経営認証とは

グリーン経営認証

交通エコロジー・モビリティ財団が国土交通省、全日本トラック協会と協力をし、トラック事業者が自ら環境保全に関する活動を行えるようなマニュアルを作成し、それに基づき、一定以上のレベルを超えた活動をしながら 経営している事業者に与えられる認証のことです。

詳しくはこちら

Gマーク取得

Gマークとは

Gマーク

全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。
この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を 高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。

詳しくはこちら
トップに戻る